住まいの総合情報サイト 住宅サーチ×suumo

サイトのご利用にあたって(免責事項) サイトマップ

エアーズガーデン新浦安(取材レポート1/2)

住宅サーチ×SUUMO(スーモ)新築マンションのエアーズガーデン新浦安の取材レポート1/2情報です。

住宅評論家が解説する、「エアーズガーデン新浦安」の3つの魅力

資料請求受付中/ご来場キャンペーン開催

■建物完成記念! 眺望体験会開催(事前予約受付中)■
「富士山が見える!」「花火が見える!」実際の建物で眺望を体験できるチャンスです。
ぜひ、事前にご予約のうえご参加ください。ご来場をお待ちしております!

1
【魅力1】JR京葉線「東京」駅へ12分、高速バスなら現地から八重洲まで23分(※1)
「エアーズガーデン新浦安」のグランドエントランスにて
舞浜・新浦安エリアで久々に取材する物件

 最寄り駅は、JR京葉線「舞浜」駅。家族で行楽に利用した、という人も多いだろう。その「舞浜」駅から徒歩19分、隣駅「新浦安」駅からは徒歩24分、いずれの駅からも、発達しているバス路線が利用できる。
 新築分譲マンションの数も少なく、年間200を超える物件を取材する私も、舞浜・新浦安エリアの物件を取材するのは久しぶり。ほぼ6年ぶりだ。一方、舞浜・新浦安には住宅地としての魅力が多い。私自身、楽しい取材となった。

舞浜・新浦安は「アーバンリゾート」の先駆け。その地域特性は今も変わっていない
  • アクセス図/「東京」駅へ12分:JR京葉線「舞浜」駅より快速利用
    • 1日16本運行のエアポートリムジンバスで行ける「羽田空港第2ターミナル」(※2)
    • 「成田空港第2ターミナル」へもエアポートリムジンバスが利用できる(※2)
住宅評論家・櫻井幸雄氏

週刊住宅情報の記者を経て、住宅に関する多くの著書があり、新聞雑誌への寄稿、テレビ・ラジオにも多数出演。年間200物件以上の取材を行い全国の住宅事情に精通する

 「東京」駅へは、「舞浜」駅からJR京葉線快速で12分。隣りの「新浦安」駅も快速停車駅だ。さらに高速バスを利用すれば、現地近くのバス停(※1)から東京駅八重洲口まで23分。にもかかわらず、エリア一帯にはリゾート気分が感じられる。それが、舞浜・新浦安の魅力だと考える。
 舞浜・新浦安エリアに住宅が増えたのは昭和から平成にかけて。当時、「アーバンリゾート」という言葉が生まれ、都心に近く、休日は海岸でのレジャーが身近な場所ということで注目が高まった。その代表が都心湾岸エリアであり、舞浜・新浦安エリアだろう。
 いずれも幅の広い車道と歩道があり、緑地帯や公園も豊富。舞浜・新浦安エリアでは、パームツリーが街路樹として植えられた場所もあり、夜になれば毎日花火が眺められ、リゾート気分はさらに盛り上がる。
 私は、舞浜・新浦安で好きなシーンがある。
 それは、JR京葉線で「海浜幕張」駅方面から上り電車に乗り、「新浦安」駅に近づくときに現れる。車窓左側に海辺に建つマンションの姿が見えて、外国にいるような気持ちになるのだ。
 「アーバンリゾート」は、今も30年前と変わらず、人を惹きつける。
 リゾート気分があるだけでなく、現実的な便利さもある。首都高速湾岸線を利用しやすくお台場や横浜方向、船橋や海浜幕張方向に出やすい。羽田空港、成田空港にも行きやすいので、車を運転する楽しみも広がるのだ。

2
【魅力2】南・南西が開けた立地と、徒歩2~3分で行けるスーパーや公園
敷地の南・南西側は住宅地で開放的。全戸分の平置き駐車場も
  • 敷地配置図:建物の南・南西方向が開けているため眺望・通風・採光に優れている
    • 南西方向の夜景は、花火も見られる(スカイテラス完成予想CG)
    • 管理費が500円ということで、「持たなければ損」と入居後に車を購入したTさん
スカイレジデンスからの眺望を確認する櫻井氏

晴れていれば東京湾まで望める抜けの良い眺望(スカイレジデンス10階から南方向を撮影:2016年11月)

 「エアーズガーデン新浦安」の建設地は、眺望・採光に恵まれている。それは、同マンションの建設地が備える特徴の賜(たまもの)といえる。
 ここで注目したいのは、マンションの敷地の南側は第一種低層住居専用地域になっている点だ。第一種低層住居専用地域は高さや建設できる建物の制限が厳しく、一戸建てに適した場所となる。実際、「エアーズガーデン新浦安」の敷地南側は一戸建て住宅地が広がる。マンションの敷地内でも、南側には平置きの駐車場(全戸分)が大きく配置されているため、リビング側バルコニーに出ると、空が大きく見えて、開放感が大きい。建物は南向き、南西向きの2棟構成で、すべての住戸が採光に恵まれる。そして、眺望が抜ける住戸が多くなり、上層階であれば、東京湾まで見渡せる。
 ちなみに、「平置き」とは駐車場の一形態で、舗装した地面に白線でスペースを定めたものを指す。機械を使う駐車場に比べて車を出し入れするのが楽で、大型車、背の高い車も収めやすい。駐車場の維持費も少なくて済む。
 「エアーズガーデン新浦安」は、全222戸に対し全戸分の平置き駐車場が用意され、その利用料は月額500円となっている。これなら、無理なくマイカーが所有できるだろう。
先述したとおり、同マンションに住めば首都高速湾岸線が利用しやすく、マイカーの楽しみが広がる。カーライフを楽しみやすいのも、「エアーズガーデン新浦安」の特徴といえそうだ。

買い物施設が徒歩3分以内に充実。公園も近いなど生活利便性が高い
  • 敷地から徒歩2分の中央公園(約120m)から見た外観完成予想図
    • 飲食店も入る複合商業施設「ライフガーデン浦安店」(約230m・徒歩3分)
    • 徒歩2分のスーパー「ワイズマートディスカ 浦安弁天店」(約130m)
舞浜ならではのリゾート気分が満喫できる

写真はショッピングやエンターテイメントが充実の「イクスピアリ」(約1570m)

 物件周辺は生活利便施設が充実している、という立地特性もある。徒歩2分にスーパーマーケットの「ワイズマート」があり、「サミットストア」のある大型商業施設が徒歩3分、総合病院が徒歩5分、保育園が徒歩2分、通学する小学校が徒歩8分など、生活利便施設が身近にそろっている。
 加えて、徒歩2分に中央公園があるなど、公園が徒歩圏に複数あり、潤いも身近だ。
 一方で、建設地の北西側に首都高速湾岸線があり、騒音等を気にする人もいるだろう。
 じつは、私が初めて買ったマンションも高速道路に近く、音の心配があった。そこで、私は、何度も建設地に足を運んだ。最後は不動産会社に頼み込み、特別に建設中の建物内に入れてもらい、音を確認した。
 その点、「エアーズガーデン新浦安」は、建物が完成しているため、大手を振って建物内で音を確認できる。これは、購入者にとって、大きな安心材料だろう。
 じつは、「エアーズガーデン新浦安」では、高速道路に近い棟の分譲を、建物が完成するまで待っていた。音を気にする人が多いだろうから、実際に確認してもらう、と考えたわけだ。実際、私も住戸内で確認した。高速道路に近い側の寝室は窓を二重サッシにしてあるため、驚くほど静かだった。リビング側も静かで、バルコニーに出たときは高速道路に近いことを感じなかった。といっても、音の聞こえ方は人によって異なるだろう。実際の建物で確認することをお勧めしたい。

3
【魅力3】安心、安全な敷地対策や建物づくりへの取り組み
実際の建物を見て災害対応策も確認。この「確実性」も特徴に
  • ディスポーザーと食洗機が標準設置されているキッチン。使い勝手もリアルに体感できる
    • 建物を支える基礎杭概念図と高耐久コンクリートの概念イラスト
    • 非常時に安全な飲料水を供給する「WELLUP(非常用飲料水生成システム)」も採用
最大2.6mの天井高

充分な天井の高さが確保され、開口部に備えられたサッシも大きく、陽の光や風を取り込みやすくしている

 同物件は、実際の建物や駐車場などを見学することができる。即入居可なので、すぐに住み始めることができるので、確実さを重視した買い方といえる。
 もちろん、専有部分も実際に見学可能で、たとえば、天井高は最高で2m60㎝。その開放感も実感できるわけだ。
 一方、見えない部分についても棟内の販売センターで説明される。
 舞浜・新浦安を含む湾岸エリアは、東日本大震災で液状化現象が起きた。その教訓を踏まえ、「エアーズガーデン新浦安」では、地震などの災害対策にも力が入れられている。具体的には、平成22年度国土交通省「推奨技術」に選定されているSAVEコンポーザ工法を導入し、大地震の際の地盤液状化を軽減するよう配慮。水道管の破損も起きにくくし、耐震性を高めた基礎杭構造や高耐久コンクリートの採用など、もしもの時に備えている。
 また、停電時には自動的に稼働する非常用発電機を設置。エレベータやオートロック、照明といった電源の確保や、右上写真の「WELLUP」に加えて、駐車場には深度30mの井戸も設けられ、豊富な水量も確保されている。
 さらに敷地内の提供公園やプライベートガーデンのベンチは非常時にカマドとしても利用可能。マンション内では、防災倉庫や災害トイレなどを含めて、生活インフラに必要な「飲み水」「トイレ」「炊き出し場」が確保することができ、「地域の防災拠点」の役割も担うという。災害に強いマンションになっている。

エアーズガーデン新浦安のメインゲートとなる南側からの外観写真
浦安市内で、一見に値するマンションである

 浦安市はアーバンリゾートとしての魅力と行政の子育て支援が充実しているため、住みたいと思う人が多く、中古マンションの人気も高まる傾向にある。
 その浦安市で、同物件は、4000万円台、5000万円台の3LDKが中心。SAVEコンポーザ工法の採用や災害対策に力を入れて、この価格設定である。
 エアーズガーデン新浦安は、実際の建物を訪れ、自分の目で質の高さ、住み心地のよさを確かめて欲しいマンションである。

資料請求受付中/ご来場キャンペーン開催

■建物完成記念! 眺望体験会開催(事前予約受付中)■
「富士山が見える!」「花火が見える!」実際の建物で眺望を体験できるチャンスです。
ぜひ、事前にご予約のうえご参加ください。ご来場をお待ちしております!

この物件の魅力をもっと詳しく

※1.「富岡三丁目」バス停留所~「東京駅八重洲口前」バス停留所まで約23分(東京ベイシティ交通株式会社・2013年10月19日改定時刻表より)※所要時間は日中平常時のもので、交通状況や曜日、時間帯で異なる場合があります。
※2.「羽田空港第2ターミナル」へは、エアポートリムジンバス「新浦安駅」乗り場より羽田空港行が1日16本運行。「成田空港第2ターミナル」へは、エアポートリムジンバス「オリエンタルホテル東京ベイ」乗場より成田空港行が1日7本運行。(東京空港交通株式会社 エアポートリムジンバス時刻表より/2016年12月現在)
※浦安中央病院(約370m・徒歩5分)、弁天保育園(約110m・徒歩2分)、見明川小学校(約640m・徒歩8分)
※掲載の完成予想CG、共用配置図イラスト、完成予想イラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。なお、外観の細部・設備機器・配管類等は一部省略又は簡略化しております。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものでは無く、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。樹種は一部変更になる場合があります。※共用部の使用については、管理規約に準じます。
※写真は2016年11月撮影
※掲載の室内写真は建物内モデルルームSタイプにて撮影(2016年12月)

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

エアーズガーデン新浦安 物件概要 スカイレジデンス 第2期

所在地 千葉県浦安市弁天1-6-831他(地番)地図を見る
交通 JR京葉線「舞浜」歩19分乗換案内
間取り 2LDK~4LDK 間取り図を見る
専有面積 64.78m2~80.13m2
予定価格帯
4200万円台~5500万円台
販売スケジュール 販売開始予定 2月下旬
入居時期 即入居可(諸手続き終了後)
  • お問い合わせ
    0120-047-347無料
    <エアーズガーデン新浦安>ゲストサロン
    営業時間:平日11:00AM~6:00PM 土日祝10:00AM~6:00PM/定休日:火・水曜日
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『住宅サーチ×SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67712318】エアーズガーデン新浦安
他の物件も見てみる!

ページトップへ戻る